休日

労働基準法では「使用者は、労働者に対して毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。」と規定しています。
これを、「週休制の原則」といいます。
たまに、週休2日が労働基準法に定められていると勘違いしている人もいるのですが、週に1回の休日を与えれば問題ありません。

では、なぜ週休2日の会社が多いのでしょうか?

一般的には、1日8時間労働の会社が多いと思いますが、その場合、月曜日から金曜日まで5日間働くと8時間×5日=40時間となります。そうすると、週40時間という法定労働時間に達してしまうので、結果として土曜日と日曜日を休日にするという週休2日制の会社が多いのです。

ところで、「休暇」という言葉もよく耳にすると思いますが、厳密には「休日」と「休暇」は異なる意味を持ちます。

休日………労働契約において、動労義務を負わない日
休暇………動労義務のある日に、動労義務が免除された日

次に、シフト制という方法で働いている人もいると思いますが、これは変形週休制といいます。
例えば、ショールームでイベントがあり、2週間連続で出勤する、というケースが考えられます。
この場合、週休制の原則からすると毎週少なくとも1回の休日を与えなければならないのが原則ですが、例外的に、4週間を通じ4日以上の休日を与える、という変形週休制というものもOKです。

最後に、休日というと、土曜日や日曜日、祝祭日のイメージがあると思いますが、必ずしもそうする必要はありません。
平日でも全く問題ありません。
したがって、祝日を休日をしなくても問題ないですし、お盆休みや正月休みを与えなくても問題ありません。