休憩時間

労働基準法では、休憩時間の長さについての規定があり、「労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分の休憩時間、労働時間が8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない」とされています。

[労働時間]      [休憩時間]
6時間以下の場合………与えなくてもOK
6時間を超える場合……少なくとも45分
8時間を超える場合……少なくとも1時間

また、労働基準法では、休憩時間の「長さ」だけでなく、「与え方」についても規定があります。
次の3つのルールを守らなければなりません。

1,途中付与の原則…休憩時間は、労働時間の途中に与えなければなりません。
2,一斉付与の原則…休憩時間は、一斉に与えなければなりません。
3,自由利用の原則…休憩時間は、自由に利用させなければなりません。

ただし、例外があります。

2の例外として、一斉付与の原則から除外されている業種があります。
例えば、運送業、物品販売業、理容業、金融・保険業、映画・演劇業、郵便・電気通信業、病院等保健衛生業、旅館・接客娯楽業など)
これらのサービス業などの業種は、利用者の便宜のため、交代で休憩を取らせることができることになっています。
また、もう一つの2の例外として、休憩を交代で取る旨の労使協定がある場合も、同様です。

3の例外として、自由利用の原則は適用されない業種があります。
例えば、警察官、消防吏員、児童会後施設の職員など、一定の場合には、この原則が適用されません。

ところで、タクシーの運転手さんによくある勤務形態で、16時間隔日勤務(1日働いて1日休みというようなもの)の場合は、どのような休憩時間になるのでしょうか?

これは、1時間の休憩時間で問題ありません。
労働時間が8時間の倍になったからといって、休憩時間を2時間与えなければならないわけではなく、8時間を超える場合はあくまで1時間で構わない、ということになっています。